公開日: 2022年2月10日 - 最終更新日:2022年3月24日

印刷用語解説:アウトライン化

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

アウトライン化

アウトライン化とは、デジタルデータ上でフォント(文字情報)をパス(図形情報)へと変換することです。

デザインを行うときには多数のフォントが使われますが、端末によっては特定のフォントが文字化けしたり、前提となるフォントがないために文字を読み込めないことがあります。

そうしたことを防ぐため、文字を完全に「そのような形の図形」へと変換してしまい、文字化けや読み込み失敗を防ぐことを「アウトライン化」と呼びます。

基本的に印刷データを入稿するときには、アウトライン化済みであることが望ましいです。

ただし、一度アウトライン化してしまうと次回から編集が難しくなるため、デザイン部門を抱えている印刷会社は基本的にアウトライン済みのデータとアウトライン前のデータの両方を保管しています。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カテゴリー

月別アーカイブ