公開日: 2020年12月22日 - 最終更新日:2020年12月28日

印刷用語解説:AMスクリーン(AM網)

土山印刷 公式土山印刷 公式
  • シェア
  • twitter

AMスクリーン(AM網)

AMスクリーン(AM網)とは、規則正しく並んだインキの点を角度を変えて重ね合わせ、点の大きさによって色の濃淡を表現するという網点の種類です。

AMスクリーンは印刷業界では標準的に使われている技術であり、作業コストが比較的安く、安定性が高いという特徴があります。しかし、細かい点の集合を行うため「モアレ」と呼ばれる点の干渉によって生まれる縞模様や、「トーンジャンプ(グラデーション部分に現れるくっきりした線)」といったトラブルが起こりやすいという欠点があります。

AMスクリーン印刷ではこの網点が横並びした線が、1インチ(25.4mm)×1インチの中にいくつ入るかを線数(単位:●●Lpi/Line per inch)という指標で表します。一般的なカラー印刷物では、もっとも安定して印刷できるAMスクリーンの175線が使われています。

 

あわせて知っておきたい用語

印刷用語解説:FMスクリーン(FM網)

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
土山印刷 公式

土山印刷 公式

土山印刷株式会社は京都府に本社を構える印刷会社です。
土山印刷では紙の販促物を使って営業力を強化したいお客様のお手伝い・サポートを行っております。

カテゴリー

月別アーカイブ